歳を重ねると現れる症状|老眼の特徴を事前に調べておこう

  1. ホーム
  2. 年齢による目の老化

年齢による目の老化

目元

目を休ませることが大切

ほとんどの人は40代を過ぎた頃から老眼の症状が出始めます。老眼は目が疲れやすくなり、小さな字が見えづらく、遠くから近くを見るときにピントが合わないなどという症状があらわれます。また夕方になると目がかすんだりする場合もあります。これらの症状によって目の神経に負担がかかり頭痛や肩こりなどの症状も起こります。老眼は目の水晶体が老化により硬くなり、ピントが合わせにくくなることで起こります。これが進行すれば白内障になってしまいます。白内障は水晶体が濁り視界がかすみがかかったような状態になります。これは高齢になるとかなりの人に起こる病気ですが、普段から目を大切にすることで発症を遅らせることはできます。長時間のスマホやパソコンの利用や読書などのときは、時々目を休めることが大切です。遠くを見たりするだけでも疲れ目の解消になります。また肩こりをほぐすことも目の疲れには役立ちます。老眼になると、ものをよく見ようとして目を細めたりするため額や目尻などにシワがよります。このシワが固定されてしまうと美容にも影響が出ます。老眼を防ぐには、目の疲労回復に役立つアントシアニンやルテインなどのサプリメントも効果的です。これらは強い抗酸化作用もあり、体全体の老化を遅らせる働きもあります。老眼サプリメントはタブレットやカプセル状になっていて1日数粒程度飲むだけで効果が出ます。口コミなどの評判やランキングで上位のサプリメントは選んでも間違いないと言えます。