歳を重ねると現れる症状|老眼の特徴を事前に調べておこう

  1. ホーム
  2. 目のアンチエイジング

目のアンチエイジング

眼鏡

生活習慣と目の疲労

以下のような老眼の症状で困ったことはありませんか。「新聞や週刊誌の文字がぼやける」「サプリメントの裏に書いてある説明書きの文字が小さすぎて見えづらい」「買い物をしているとき、食品の賞味期限の数字が6なのか8なのかはっきり見えない」「夕方になり辺りが暗くなるとますます見えづらい」など、他にもまだまだ日常生活の中で困ることがありそうですね。そんな困った老眼の症状を少しでも改善したいとき、思いつくものは何でしょうか。目によいといわれているアントシアニンは、主にブルーベリーに含まれています。また、抗酸化作用の強いルティンを含む食材は、ほうれん草やブロッコリーなどがあります。これらを摂取しながら、生活習慣を見直してみることで老眼の症状が軽減することができるでしょう。きちんと眠れていますか。夜遅くまでパソコンやスマホなどやっていませんか。コンビニ弁当やファストフードに頼りすぎていませんか。クーラーなどで身体を冷やしすぎていませんか。夜遅くまでパソコンやスマホのブルーライトを見ることで、良い睡眠がとれず目の疲労がどんどんたまり老眼にも良くありません。栄養が偏り血流が悪くなると身体が冷え、ますます血流が悪くなるという悪循環、当然目の周囲の血流も悪くなり、ますます老眼の症状が進行してしまうことも考えられます。老眼の症状で悩んでいるのに、睡眠や冷え性は無関係と思われるかもしれませんが、目も身体の一部なので巡り巡って関係していることもあります。